症例紹介

総合治療

  • back
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • next
before矢印before

女性/20代

セラミックブリッジ

右上1番(矢印の歯)の歯根が吸収していて、抜歯しないといけない状態でした。2番目の歯も内側に転位していて、ブリッジの支台にするには難しい状態でした。
右上1番と2番を抜歯して、セラミックブリッジで修復しました。審美性も大きく回復しました。

before矢印before

女性/30代

術前、適合不良な被せ物や詰め物が数多くみられる状態でした。
適合良好なセラミック冠に置き換えたり、レジン充填を行う事により、美しく健康的な口元を取り戻しました。

before矢印before

女性/20代

歯周外科+オールセラミック

↓の歯の変色と前歯が全体的に短く見えるのが気になるとのことでした。前歯部の歯肉を下げる手術を行い、変色歯はオールセラミックで修復しました。

before矢印before

男性/50代

術前の欠損部には入れ歯が装着されており、虫歯も数多くみられます。上下顎ともセラミックブリッジ、下顎の奥歯にはインプラントを3本埋入し、咬合を再構成しました。

before矢印before

女性/50代

奥歯が、欠損や虫歯で崩壊していて、前歯のみの噛み合わせになっています。残せる奥歯は治療して、噛み合わせを再構築しました。かぶせはすべてセラミック冠(メタルボンド)で、奥歯の欠損部は入れ歯です。

before矢印before

女性/50代

他院で治療を受けられた前歯の根元が膿んでいたり、審美的な問題もあるケースでした。根の治療もすべてやり直し、前歯部は、セラミック冠(メタルボンド)で修復しています。

before矢印before

女性/60代

上下共、欠損部は入れ歯が入っていましたが、もっと美しく噛めるようにしたいと希望されました。インプラント治療は希望されなかったので、上下共、前歯部はセラミックブリッジで、奥歯は、入れ歯(金属床義歯)で修復しています。

before矢印before

男性/60代

症例:ノンクラスプデンチャー

入れ歯の金属のバネが気になります。バネが目立たないノンクラスプデンチャーに変えました。

※症例写真はすべて当院で行ったものです